長持ちのポイントはネイル方法にあった~綺麗な手元が続く~

自分好みのネイルを探そう

蒲田には、さまざまなデザインを取り扱っているネイルサロンがあります。自分好みのデザインに仕上げてもらうなら、そのようなサロンを利用することで、理想のネイルを見つけることができるでしょう。しかし自分好みのネイルにしてもらっても、きちんと手入れをしなければすぐにネイルがダメになってしまいます。どのように手入れをしたらいいのか、長持ちさせる方法を紹介します。

ネイルを長持ちさせるためにできること

  • 爪切りは使用しない
  • 皿洗いなどの水仕事は手袋を使用
  • ハンドクリームやネイルオイルで保湿

長持ちのポイントはネイル方法にあった~綺麗な手元が続く~

ネイルチップ

特に甘皮の保湿を丁寧に

保湿を行うことでネイルを長持ちさせることができますが、ネイルオイルを使用する際は、甘皮部分を中心に保湿しましょう。甘皮とは爪の付け根の部分にある薄い皮のことを言います。この部分にオイルを垂らし、爪全体に伸ばすように塗ることで、しっかりと保湿ができるのです。

ペディキュア

長持ちデザインはフレンチネイル

3週間も経つと自爪が伸びてきてネイルのズレが目立ってしまいます。しかし、もう少しネイルを行う期間を伸ばしたいというのなら、フレンチネイルを施してみましょう。根本近くは透明で爪先にカラーを入れるため、自爪が伸びてきてもそれほどネイルのズレが気になりません。しかしあまり長い期間放置してしまうと爪のトラブルが起こる可能性もあるので気をつけましょう。

ネイル

グラデーションネイルもオススメ

フレンチネイルのみだと飽きてしまうという方は、グラデーションネイルにも挑戦してみてはいかがでしょうか。グラデーションネイルも爪先から根本にかけてカラーを乗せるので、自爪が伸びてもそれほど目立ちません。

長持ちさせるには定期的なメンテナンスがポイント

ネイルを長持ちさせるなら、定期的にサロンに出向き、メンテナンスをしてもらいましょう。甘皮の処理のみを行ってもらうこともできるので、ネイルが剥がれるのを防ぐことができます。また、ネイルと自爪の間に湿気が溜まって起こるグリーンネイルというカビの発生も防ぐことができるので、健康的な爪を保つのにメンテナンスは必須だと言えるでしょう。

広告募集中